▎採用調査


<サービス概要>
トクチョーでは、採用予定者に対する履歴書・職務経歴書の申告内容の確認や勤務状況等を確認する採用調査を行っています。
創業から50年以上にわたる調査実績を武器に、年間5,000件以上の採用調査を実施し、採用時のトラブルを未然に防いでいます。
採用内定時、正社員登用時、役員・幹部の外部招聘など、様々なシーンに「採用調査」をご活用ください。

<サービス詳細>
企業経営の大きな悩みのひとつに、人材採用があります。
履歴書の書類選考や面接、筆記試験、適性検査などの試験結果だけで、職能や人柄等を把握する事は至難の業です。
近年では、応募者がウェブなどに溢れるマニュアルを利用し、うまく内定を勝ち取る方法を心得ています。その影響か、驚くほど履歴や退職理由の虚偽申告者が増えている実態が認められます。

各種ハラスメントや労働問題、金銭トラブル等、問題を多数の職場でも繰り返し起こしているといった人物も少なくありません。

採用調査によって、経歴の虚偽、過大申告、素行不良、健康面、退職理由を含めた過去のトラブルを把握するだけで、高確率で水際での悪分子の入社を防ぐことができます。
実際、調査結果で採否に影響するようなネガティブな情報が報告されるケースは、およそ5~10%(当社調べ)にも及びます。 採用調査は、ネガティブな要素を調べる調査利用だけでなく、応募者の質をより知る事により、人材の適材適所への配置を可能とするポジティブな調査とも言えます。質の高い人材採用を実現するために、ぜひ当社の「採用調査」を活用してみてください。

<サービスの特徴>
◆50年以上にわたる調査実績による高い調査力

当社には創業以来50年以上にわたる採用調査の実績があります。長年の実績と経験に裏打ちされた調査力で、面接や試験で見抜くことができない情報を収集し、採用時の判断材料をご提供します。

◆豊富な経験から様々なケースに柔軟に対応 豊富な経験
実績のある調査員による迅速かつ丁寧な取材を行います。
採用内定者の最終判定、契約社員・アルバイト社員の正社員登用、役員・幹部の外部招聘など、あらゆるケースに対応可能です。

◆豊富なオプションで採用活動を多面的にサポート
リスク・スクリーニングや反社チェック、訴訟歴の確認など多彩なオプションメニューを活用することで、多面的な調査が可能となります。お客様のオーダーに対して最適な調査メニューで、質の高い採用活動をサポートします。  

<サービスの流れ>
【STEP1】調査対象者の情報確認
契約締結後、調査対象者の履歴書、職務経歴書等の資料をご提供いただきます。

【STEP2】調査実施
ご提供いただいた情報に基づき、調査を行います。

【STEP3】調査情報の提供
調査後にレポートを作成し、指定先まで調査報告書を納品いたします。

 <こんなお悩みをもっている方にお勧め>
□ 新卒・中途採用の応募者が提出した書類に虚偽がないか裏付けを取りたい。
□ 外部から招聘する役員・幹部候補の経歴精査とトラブルの有無を確認したい。
□ 昇格予定の社員や問題社員の経歴を調べたい。
□ 新聞等のメディアで反社会的勢力や悪質な事件の関与を報じられていないか知りたい。
□ 破産歴や犯罪歴(報道されたものに限る)がないことを確認したい。
□ SNSの実名アカウントで不適切な発言をしたり、危険思想に傾倒していないか調べたい。
□ 保有不動産とその担保設定の有無や隠れて会社経営をしていないか把握したい。
□ 募集・個人的紹介・エージェントからの紹介などで招聘する役員・幹部候補者が採用に問題ないか掌握したい。
□ 入社済である現職社員の経歴等を確認したい。
 
 
 【調査項目】採用調査(一般職)
■利用場面 : 採用内定者の最終判定、契約社員・アルバイト社員の正社員登用時など

■調査項目 : ①取 材 調 査   :履歴書・職務経歴書の申告内容の確認、勤務状況・生活状況の確認など
        ②リスク・スクリーニング :メディアチェック/登記情報取得(不動産・商業登記情報)/
               官報チェック(破産・帰化など)/SNSサーチ/WEBチェックなど

■納      期 : 通常    5営業日
                    特急    4営業日
                    超特急 3営業日

■調査料金 :   
 納期別   調査項目①のみ   調査項目②のみ   調査項目①+② 
 通 常   30,000円  25,000円  55,000円
 特 急   35,000円  25,000円  60,000円
 超特急   40,000円  30,000円  70,000円

        ※表示金額は税別料金です。
        ※表示金額に付帯費(調査時発生の諸経費)を加算してのご請求となります。
        ※リスク・スクリーニングは項目毎に単独でご依頼いただくことも可能です。
         詳しくはこちらをご参照ください。⇒ リスク・スクリーニング

 

調査報告書サンプルはこちらをクリックしてご確認ください。

 
 
 【調査項目】採用調査(役員・幹部候補)
■利用場面 :募集・個人的紹介・エージェントからの紹介などで、外部から招聘する役員・
                   幹部候補者が採用に問題ないか、または内部昇格候補者の詳細な経歴等の確認など


■調査項目: ①取 材 調 査  : 履歴書・職務経歴書の申告内容の確認、勤務状況・生活状況の確認、
                                           管理者としての評価・評判の収集、ハラスメントなどトラブルや
                                           ネガティブ情報抽出など

       ②リスク・スクリーニング:メディアチェック/登記情報取得(不動産・商業登記情報)/
               官報チェック(破産・帰化など)/SNSサーチ/WEBチェックなど)


■納      期 : 10営業日 ~
                     ※当日17時以降のご発注は翌営業日の受付となります。

■調査料金: 100,000円 ~ (お打合せに基づき見積書を提出)


       ※表示金額は税別料金です。
       ※表示金額に付帯費(調査時発生の諸経費、主に登記取得費用や交通費)を加算してのご請求となります。
       ※リスク・スクリーニングは単独でご依頼いただくことも可能です。


<よくある質問>
【Q】合法的なものですか?
前職調査は違法ではありません。
個人情報保護法第23条では、個人情報取扱事業者は、あらかじめ本人の同意を得ないで、個人データを第三者に「提供」してはならないと定めています。つまり、個人情報保護法は個人データの「提供」は禁じられていますが、前職調査自体やその業務を「委託」することは禁止されていません。
ただし、調査の内容が要配慮個人情報に及ぶ場合は違法と認められることがあります(警備業においては、警備業法第3条に準ずる)。そのため、前職調査を実施する際は、問い合わせる内容をよく吟味することが必要です。

【Q】本人に気づかれませんか?
調査に関しては、調査対象者に調査実施の情報が耳に入らないように慎重を期しておりますので、気づかれる可能性は極めて低いとお考えください。ただし、確実な保証は出来かねますので、ご了承ください。

【Q】クライアント名はわかりませんか?
クライアント名を調査員には伝えません。

【Q】どのように調査するのですか?
基本的には、前職への電話取材、現住所地訪問による調査になります。 リスク・スクリーニングはこちらを参照ください。

【Q】採用調査と幹部候補調査の違いはなんですか?
幹部候補調査の場合、2週間ほどの期間で細かく調査いたします。また、職歴以外につきましても、調査可能な部分はフォローいたします。


 ▎参考記事ご紹介(プロの企業調査室)

 *未だお読みでないお客様はこちらの記事も是非ご参照ください。

  【経歴詐称・モンスター社員で痛い目に遭わない為の採用調査の活用方法】