▎情報漏洩対策


<サービス概要>
【フォレンジック調査】
フォレンジック調査は、PCやスマートフォン等のデータを復元・解析する調査です。
昨今では「第三者委員会」という言葉をよく耳にしますが、上場企業での不正・不祥事の場合、第三者委員会による調査報告書が公開されます。そこでは、不正・不祥事の実態解明において、人の証言や紙のドキュメントなどと同等かそれ以上に電子機器内に眠る電子データが動かぬ証拠として重要視されています。
もしかしたら、貴社が貸与しているパソコンやモバイル機器が不正の温床になっているかもしれません。大きなトラブルに発展する前にフォレンジック調査にて実態解明を行ってみてはいかがでしょうか。

【PCログ監視サービス】
PCログ監視サービスは、企業で利用するネットワーク上の各種機器からサーバー、ミドルウェア、アプリケーションまで、機器で実施されたすべての挙動を記録したログを監視するサービスです。
現代社会において情報セキュリティへの取り組みはすでに待ったなしの状況になっています。「PC操作ログの管理」をされていない企業は、早々に導入を検討することをおすすめします。
システム導入自体は難しいものではありませんが、「社員への周知」「社内のルール化」「管理方法の確立」などソフト面でのハードルが少なからずあります。その点を含め、専門スタッフがコンサルティングを行い、PCログ監視体制の構築をサポートします。

【盗聴器探索調査】
盗聴器の探索は、盗聴が疑われる指定場所に伺い、不審電波の探査や目視による調査で盗聴器の有無を確認する調査です。
企業の機密情報を入手する目的や、個人のプライベート情報を探る目的で、盗聴器が仕掛けられている可能性があります。第三者の不審な言動を見聞きした場合や、確実に情報漏洩を防ぎたい場所がある場合には、「盗聴器探索調査」をご検討ください。

<サービスの特徴>
◆【フォレンジック調査/PCログ監視サービス】

専門知識を持ったスペシャリストが、デジタル機器における情報漏洩の防止をサポートします。また、検出された情報に対し、関連のある企業調査、尾行調査など、専門調査員による掘下げ調査が対応可能です。

◆【盗聴器探索調査】
専門の調査機材を使い、豊富な経験を持つ調査員が、確かな技術と知識で盗聴器の探索を行います。
重要な情報にまつわるセンシティブな調査ですが、豊富な実績のある総合調査会社ですので安心してご依頼ください。(※一部探索できかねる盗聴器もございます。)

<サービスの流れ>
フォレンジック調査
【STEP1】お打ち合わせ
対象PCを確認し、お見積りを提示いたします。

【STEP2】フォレンジック調査の実施
ご契約締結後、PCを回収し、保全作業及び解析・分析を行います。

【STEP3】調査情報の提供
調査後にレポートを制作し、調査報告書をご提出いたします。

PCログ監視サービス
【STEP1】お打ち合わせ
対象PCを確認し、お見積りを提示いたします。

【STEP2】PCログ監視の開始
ご契約締結後、お客様にてデータをインストールして頂き、運用を開始します。
※ご不明点、ご質問は保守サポートサービスにて承ります。

盗聴器探索調査
【STEP1】お打ち合わせ
ご事案をお伺いし、ご指定場所の下見を行います。ご指定場所の状況を確認後、お見積りを提示いたします。

【STEP2】盗聴器の探索を実施
ご契約締結後、お客様と営業担当の立ち合いのもと、調査を実施します。

【STEP3】調査情報の提供
調査後にレポートを作成し、調査報告書をご提出いたします。


 <こんなお悩みをもっている方にお勧め>
【フォレンジック調査】
□ 情報漏えいの疑いがある社員を調査したい。
□ セクハラ・パワハラ等、社内の不祥事、不正の証拠を確保したい。
□ 掲示板やアダルトサイト閲覧等、PCの不適切使用の有無を確認したい。
□ 残業代算定等、PCの使用状況から勤務実態を把握したい。
□ 社内メールや文書ファイルから特定の案件に関する証拠を検索、レビューしたい。
□ 会社支給のスマートフォンの使用状況を知りたい。
□ 退職間際の問題社員が重要データを削除する前にPCデータを保全しておきたい。
□ 災害において、家屋の倒壊で破損したパソコンや水に浸かったり泥まみれになってしまったデジカメなどから、重要な情報やメッセージを復元したい。

【PCログ監視サービス】
□ 顧客情報をはじめとした個人情報や取引情報、社内機密情報の漏えい防止のため、社員のパソコンを管理したい。
□ 働き方改革に関連して社員の勤務状況をより厳格に管理したい。
□ テレワークでの勤務状況を管理したい。
□ 取引先からの情報管理体制強化の要請に応えたい。
□ 社内ネットワーク上にあるハードウェアやソフトウェアの資産管理を省力化したい。

【盗聴器探索調査】
□ 重要事項を扱う会議の前に情報漏洩のリスクヘッジを行いたい。
□ 機密情報を知っているはずのない人物から情報を聞かされた。
□ 代表取締役交代のタイミングで盗聴のリスクを軽減しておきたい。
□ 送られた怪文書にごく限られた役員しか知らない情報が書かれている。

 
 
 【調査項目】

■調査内容:【フォレンジック調査】
       PC・スマートフォンのデータ復元・解析を行います。
      【PCログ監視サービス(マリオンクラウド)】
      専用サーバー不要・クラウド型のPC操作ログ取得・監視システムの導入を行います。
      ※マリオンクラウドは(株)インターコムの製品です。
      ※(株)トクチョーはマリオンクラウドの正規代理店です。

       【盗聴器探索調査】
                   ご指定場所の周辺における不審電波の探査、盗聴機器からの発信電波の傍受による探査、
                   目視によって、盗聴器の探索調査を行います。


■納  期【フォレンジック調査】
                    保全作業完了後、2週間程度
                  【PCログ監視サービス】
                    データインストール後、運用開始
                  【盗聴器探索調査】
                    調査実施後、1週間目安で報告書作成(調査立会時に口頭でご報告)


■調査料金:【フォレンジック調査】
                    ①データ保全:150,000円~ ②解析/復元:500,000円~
                  【PCログ監視サービス】
                    ①20-99ライセンス:12,000円/1ライセンス(年額)
                    ②100-199ライセンス:10,800円/1ライセンス(年額)
                  【盗聴器探索調査】
                    指定調査場所の面積により料金が異なります。


<費用備考>
【フォレンジック調査】
上記は1機器あたりの費用となります。 台数・機器種別等・機種等で金額が異なります。 上記調査料金以外に別途付帯経費と消費税が発生いたします。
【PCログ監視サービス】
年間契約にて承ります。 その他オプション、設定代行、コンサルティングサービス等は担当営業にご相談ください。 上記調査料金以外に別途消費税が発生いたします。
【盗聴器探索調査】
お見積りにて。  


<よくある質問>
【Q】監視したい端末を暗黙的に監視下にできますか。
PCログ監視に関して
はい。管理コンソールから監視したい端末を登録し、リモートから端末エージェントをプッシュインストールすることができます。ユーザーの画面には何も表示されません。