▎尾行調査
■利用場面 : ◆法人(弁護士)のお客様
                     ✔ 役職員の不正行為の実態解明
                     ✔ 退職社員の動向(現勤務先・関係先等)追跡
                     ✔ 取引先・提携先・出資先人物の不審行為の解明
                     ✔ 会社への攻撃をする不審者・クレーマーの追跡     など

                   ◆個人(弁護士)のお客様
                     ✔ 離婚調停のための不貞行為の証拠取得
                     ✔ 不審人物の特定・追跡・行動監視
                     ✔ 婚約相手の隠された勤務先や居住地などを掌握
                     ✔ いたずら・嫌がらせをしてくる人物の行動監視     など


■調査準備   :
   1)打合せ:調査目的の確認、調査対象者の確認(行動予定、顔写真、服装など)監視開始場所・時間の決定、
       終了時間・条件の決定

   2)お見積:お打合せに基づきお見積書を必ず提出いたします。

   3)ご契約・ご発注

 
   「探偵業の業務の適正化に関する法律」に定められた
        ① 調査委任契約
        ② 重要事項説明
        ③ 利用目的確認
   の取り交わしをお願いしております。
   「探偵業の業務の適正化に関する法律」に定められた
        ① 調査委任契約
        ② 重要事項説明
        ③ 利用目的確認
   の取り交わしをお願いしております。


■調査実施      : *予めご提案しご確認いただいた調査計画に基づき実施いたします。
                         *調査実施中に想定外の事象が発生した場合はご依頼者様に連絡を差し上げ、
          調査継続・計画変更・調査中止など的確にご判断を仰ぎます。
                         *調査翌日には簡易報告をEメールにてお送りします。


■報告・成果物 : 調査全日程終了後、概ね10営業日後に経過詳細と画像をまとめた調査報告書を提出いたします。

■ご請求・お支払い :
                      調査完了後、調査費用と諸経費が確定し請求書を発行いたします。
                      ご確認の後、所定の期間内にお振込みいただきます。

■調査料金 : お打合せに基づき見積書算出

■調査人員について : ※ 最低2名以上の調査員を配置いたします。
                                ※配置人数は調査起点状況や調査対象者の移動手段などの状況を考慮しお打合せにより決定します。